芝を走る競走馬たち

ウイニングチケット

白い馬

ウイニングチケットは1992年にデビュー、そして1994年10月の秋の天皇賞まで活躍した競走馬です。 1993年には柴田政人騎手の長年の目標にしていた東京優駿を制覇し、デビュー24年・通算19回目の騎乗でダービー優勝へと導いた事で有名な競走馬でもあります。

Read more

サイト紹介

茶色の競走馬

競馬場でのレースで多くの応援する人達の期待を背負って一生懸命に走っている競走馬。長い脚で一生懸命芝生を蹴り上げ先頭に立つ事を目指し、たてがみを荒々しくなびかせていきます。 そんな競走馬も何十年とレースの最前線を走っているわけではありません。ある程度の年齢やケガなどの様々な理由によって引退していきます。 引退するともうレースで好きだった競走馬の優雅で美しく走っている姿は見れなくなってしまいます。 そんな引退をした馬は種牡馬(しゅぼば)として未来の競走馬を誕生させる役目を果たす競走馬もいます。 しかし、好きな競走馬が引退してしまったらもう二度と会えないものというわけではありません。牧場などで見学できたり、触れ合う事ができる競走馬もいます。 競走馬の楽しみはレースでの走っている姿を見ているだけの楽しみ以外にも、引退しても私達を楽しませてくれる競走馬も存在しています。 競馬場で見る時よりも、より間近で競走馬のキレイな毛並みや馬体を見れる可能性があります。 当サイトでは、レースの最前線から降りて引退しても会いに行ける競走馬を紹介していきます。現役時代に応援していたあの競走馬にもしかしたら会えるキッカケを作れるかもしれません。 最前線を走る現役馬から引退してしまった競走馬まで様々な情報を知ることが出来ますよ。競馬通目指すならこちらをチェック。

競走馬の余生

競馬場での間近なレースやテレビ中継で1着になって欲しいと思い応援していた競走馬。馬も必ず年齢を重ねるので何十年もレースの最前線を駆け抜けていくわけではありません。 ある程度の年齢になると競走馬を引退しレースから離れていきます。やはり応援していた競走馬のレース中の姿を見かけなくなるのはとても寂しいものです。 ですが、引退した競走馬にもう二度と会えないという訳ではありません。引退した競走馬は種牡馬や繁殖牝馬としての活躍をする競走馬も存在します。種牡馬と優秀な競走馬の血統を残していくための繁殖用の牡馬の事をいいます。 繁殖牝馬は、子馬を生む役割を担っている牝馬の事をいいます。特にGIタイトルを得た競走馬は大事にされます。 それにより、競走馬の時に重賞勝利の成績があるのか、または優秀な血統の競走馬でないと種牡馬などになれないのが実情です。 これ以外にも競馬場の誘導馬として活躍する競走馬もいます。誘導馬はパドックや馬場で競走馬を先導する大切や役割の馬の事です。 また、賢さがある馬や性格が大人しい馬などは馬術競技の再調教を受けオリンピックなどでの馬術競技で活躍する馬もおり、馬術競技の馬に転身する事は珍しくないそうです。 また、全国の牧場や学校施設に送られ乗馬用の馬として訪れる人達を乗せて楽しませてくれるなどのあらゆる場所で活躍しています。

ニッポーテイオー

走っている2頭の競走馬

ニッポーテイオーは1985年10月の3歳新馬デビュー、1988年6月の宝塚記念で引退した競走馬で、21戦8勝という戦積を残しています。 名競走馬のニホンピロウライナーの後に日本のマイル界をリードしたと言われている名マイラーでした。

Read more

アドマイヤジュピタ

メンコをつけている競走馬

アドマイヤジュピタは2005年11月、騎手を武豊にデビューし、2008年10月の京都大賞典をラストランに引退しました。 馬名は冠名のアドマイヤと木星を意味するジュピターが由来となっており、従兄にアドマイヤメインという競走馬もいます。

Read more

ノースフライト

競走馬の正面

フーちゃんという愛称で親しまれた牝馬ノースフライト。1年半という短い競走馬生活でありましたが多くの人に愛された競走馬でもあります。

Read more